i5-2500K+AMD R7 240環境下でWindows10のクリーンインストール時画面が映らない時の対処法

公開日: 2015年8月4日火曜日 ハードウェア

Sapphire R7 240 2G DDR3(AA)

概要

Windows10が発売されてWindows 7からアプデ。どうもグラフィックドライバの相性がよろしくないのか、画面が乱れたり引っかかったりすることが多々あったので、クリーンインストールを行った。が、今度は画面が映らない(ただし、2500k内臓グラフィックだと映る)。

試行錯誤して治ったので、対処法をメモ。

はじめに

  1. Windows 7から10にアプデして認証を済ませておく。Windows10をライセンス購入してる場合はその限りではない。
  2. Windows10のクリーンインストールメディアを作っておく。USBメモリからやったほうが早い。
  3. BIOSの画面出力設定を内臓グラフィック優先にする。自分の場合は[Primary Graphic ~]を[IGFX]にするだった。
  4. 画面出力ケーブルを内臓グラフィックの方に差し替えて、グラボは外す。

Windows10インストール

  1. 内臓グラフィックからの出力で画面が映ることを確認したら、インストールメディアからWindows 10をクリーンインストール。オンライン認証済みならプロダクトキーはスキップでいい。
  2. インストールが終わったら、Windows Updateをかけて内臓グラフィックのドライバを更新する。

グラボのドライバインストール

  1. 内臓グラフィックのドライバをインストールし終わったら、いったん電源を切って、グラボを挿す。ただし、画面出力は内臓グラフィックのまま。
  2. 起動してWindows Updateを行い、グラボのドライバをインストールする。
  3. 正常にインストールできたら、再起動してBIOSの画面出力設定をグラボ優先にする。自分の場合は先ほどの設定を[PGIE]にするだった。
  4. いったん電源を切って、画面出力ケーブルをグラボに差し替える。
    • ここで画面が出なくなったら(BIOSも)、CMOSクリアしてから画面出力ケーブルをグラボに差し替えてもいい。CMOSクリア後の設定はまずグラボ優先。
      • CMOSクリアのやり方は、電源ケーブルを抜いて、マザーボードのボタン電池を抜いて15分ほど放置。その後電源ケーブルを挿して、電池を戻して、また10分ほど放置。起動後にCMOS check errorみたいな画面が出れば完了。
  5. 起動して画面が映れば完了。

補足

  • インストール後、スタンバイ復帰にどうも失敗する。グラボのファンがフル回転してるので、グラボ要因だと思われる。そのため、以下の対処をした。
    • BIOSの画面出力設定を内蔵グラフィック優先に戻した。ケーブルはそのまま。
      • Windowsのロード画面までは映らないが、立ち上がったらちゃんと映る。
  • それでもスタンバイ復帰に失敗するので、グラボを外して内蔵グラフィックのみで動作させたら不具合が消えた。ドライバが未熟か、グラボが相性でダメかどっちかだと思われる(win7でも怪しかったので、多分グラボかな…)。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿